神奈川の魅力

ベルギーブリュッセルの芸術の展覧会の上で、真人の普通の大きさの男子の形体の彫塑《青銅の時代》を備えるのはととても人目を引きます。その形体と真人の筋肉の構造はとても似ています。そこである人は上で塊の商標に掛かって、上は“当銅像がモデルの肉体によって鋳造してなります”の字をやたらに書いたりして、その作者のロダンを嘲笑するのが芸術家ではありませんのは職人を鋳造するのです。
ロダンはもちろんこのような侮辱を辛抱することができません。彼は書面の抗議を出して、彼がこのように本物そっくりな人体の塑像を形作ることができることを信じる人がないことができます。
数年来、パリの第15区のストーブのかまどの街の1つの彫塑の仕事部屋の中で、5位の表情の厳しい勢力のある人に来ました。彼らはその場でロダンの彫塑の水準を考査することに命令を受けます。ロダンの《青銅の時代》がフランスの芸術の展覧に参加することを求めるため、主催者を展覧して同様な理由で拒絶しました。考察されたロダンはひげを残して、30数歳のぐらい、目はもしかすると近視のためで、見たところ決してとても元気がなくて、しかしあれは眉間に対して弓のようです重税を課して搾取して、彼の意志の全ての集結のようですここで。ロダンは5人の試験官のが顔つきを信じない中で、気楽についでに1つの粘土を捕まえます。室内はいかなるモデルがなくて、どのくらい過ぎることができて、1個は大股の歩く男性の形体の塑像ロダンに完成されて、ただ頭部に彫刻・塑像を作るだけであることに間に合っていません。あの塑像の筋肉がセクシーなのは同様に本物そっくりに驚異的です。5位のパリは初めは驚いた声望の芸術家の試験官があって、それから賞賛して、甚だしきに至っては敬服して互いに目を使って意見を少し交換します。うそは反撃しなくても自分から崩れ去ります。
ついに、《青銅の時代》は1880年パリで展示して、ロダン也はここから一挙に名を挙げます。補償の彼の損なわれた名誉のため、フランスの政府は彼に間もなく施工して建築するフランス美術館の青銅のドアーズを飾ることに彫刻・塑像を作るように頼みます。それから1917年に至って、ロダンの27年の時間は精力と、圧倒的部分はすべてこの芸術の作品の中で使います。ロダンは幼少から美術が好きで、かつてとても大きい技量を使って大家の名画を模写します。ただ貧しく油絵の顔料が買えないで彼がやっと直して彫塑を学びますだけためです。彼はたくさんの裸の人物の習作をかいたことがあって、そのため人体の筋肉の骨格の構造に対してよく知っていて、同時に彼はまたウェルギリウス、ダンテのなど人の古典的著作を読んで、中から芸術の作品の霊感を得ます。彼は美術館の青銅のドアーズの彫塑を飾ることを決定して、ダンテ《神曲》の中《地獄の編》を使うのはテーマで、《地獄の扉》と命名します。あれらの文学作品の中の人物は遭遇して、彼の心をこめて構想する1組1組の彫塑に如実に表されて、生活の感情の苦痛と歓楽の中の世の中の百態を反映します。それでは1組の人物は彫刻・塑像を作って、またすべて、寓意の深いストーリでみな独立しました、例えば《3つの影》、《苦痛》、《逃避する愛の神》、《イブ》、《アダム》、《当時の美人のオーストリアのなんじの米愛》、《思想者》など。
それ以外に、ロダンはまた《カレーの義民》、《ユゴー》、《バルザック》などの彫像を完成しました。
ロダンのは芸術に彫刻・塑像を作って、すでに外見が似ている段階を越えて、追求は表情と態度を使って形体と思想を表現します。彼の鋭い芸術は並外れている態度の方式を悟ってと、よく常規を越えて、そのためあれらの新機軸を打ち出す思想に旧い規則を固く守って、不足する芸術の守る人のみだりに攻撃する目標になります。
《思想者》は1個のが普通の人体の大きい男性の形体に比べてようなのです。この裸の男性は頬を頼んで、物思いのぐらいを現して、いくつか人に言うのが“妖怪”、“原人”なことを攻撃されます。ロダンの芸術の創造を支持するため、ロダンの友達は金を出し合って《思想者》を下へ買って、パリに贈呈して、それをパリ市内の公共の広場で陳列することを求めます。なんと《思想者》の石膏像が陳列する翌日夜、いくつか人に打ち砕かれました。そこで鋳造する《思想者》の銅像が正式に陳列する時、フランスの政府がどうしても憲兵を使用してそれを保護しなければなりません破壊に遭うことを免れます。
ロダンはたいへんバルザックと《人間喜劇》を敬い慕って、彼は言います:“《人間喜劇》は私の《聖書》で、バルザックは私にどのように観察と描写をわかるように教えました。”《バルザック》彫像を創作するため、ロダンは相前後して20ぐらいのバルザックに彫刻・塑像を作って似ていて、甚だしきに至ってはわざわざ形体を探してバルザックの似ている人とモデルをします。絶えず比較して、思索の後で、ロダン才は正式に着手してひとつ普通の人体の大学1年の《バルザック》に比べて形作ります。最初に完成の《バルザック》の像はひとペアの生き生きとしている手があって、ロダンはこれに対してとても満足して、彼は何人かの自分で高く評価する学生を招集して出席して、彼らの意見を聞きます。ロダンは聞きます:“あなたはこの両手に満足しますか?”彼
の学生のブールデルは言います:“いいえ。先生、私はこの両手が過度に力強いことと感じて、あまりにも生き生きとしています…
…”ロダンは突然分かりました。彼は毅然として自分を落として多くの時間心がこもっている彫塑のこの両手を使うことを打ちます。それが主客転倒になるため、人々に観察に行って、《バルザック》全体の含まれている意味を悟るように妨げます。
しかし、1個の高揚ばさばさとしている髪の毛、イメージは豪快で、長い中国服をはおって、似ている手のバルザックがなくて、あの時に多くの人に受け入れにくいです。
パリの文学者協会の主席の皮斯内はこれに対してかんかんに怒ります:“これが私を叫んで吐き気がすることと感じます!バルザックは共同ですべてなくて、彼はまさか足の指で本を書きますか?”あ
る人は追随して言います:“これはバルザックではありませんて、麻袋の中で詰めているヒキガエルです!”保
守的な人々は《バルザック》を受け入れることを拒絶して、パ
リ市政府は同様に市内でいかなる地方が《バルザック》を適当な場所に置くことを拒絶します。
ロダンは文学者協会の1万フランを返して製作費を前払いして、いくつか支持の彼の芸術家達が3万フラン工夫し集めて《バルザック》の好意の手配を買い取ることをも拒絶して、彼は塑像をパリ郊外の自分の別荘の花園の中に引っ張ります。
1914年、第1次世界大戦の爆発。徳軍になって進撃してロダンの別荘の遠くない地方まで着いて、政府の公告のどうしても撤退しなければならないロダン家を離れる前夜を献上して、わざわざ別荘は《バルザック》を見にくるのになって、彼はしみじみと言います:“この彫像は大きすぎて、今まったく運走することがあり得ません。戦火をひたすら願った後にそれのさらに完備した治安係は貯蓄しま
す……”ロダンの《バルザック》は伝統の将の文学者に反対してと温和で上品な勢力のある人の習慣を作ります。彼は豪快なことの、なりふりかまわないバルザックを思って、眼光が鋭いことがです、精神が強健です、恐れて思い切って《人間喜劇》中が少しも社会の醜い病的状態の文学の大家を解剖しません。彼は言います:“私の《バルザック》、彼の動態と彼のぐらい、人に彼の生活、思想と社会環境まで(へ)連想させます……”ロダ
ンは1917年11月に死にます。彼の墓の前で、彼の遺言状によって、《思想者》塑像を立てています。
《バルザック》はそれから日本の神奈川に美術館が秘蔵することを彫刻されます。ロダンの思想、石膏、粘土、青銅などの材料の鋳造する彫塑に魂を注ぎ込みました。これらの作品はすべてすでに価値がきわめて高い芸術の貴重な品になって、人々は中から生活のを思索して味わって内包を豊かにすることができます。

金融日記
アンチエイジング
アンチエイジングリンク集
SEO
仕事
派遣
システムエンジニア
プログラマー

広告

8月 4, 2008. Uncategorized.

コメントする

Be the first to comment!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

Trackback URI

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。